プロフィール

Author:ゆとりしんご&仲間たち
上司のゆとりしんごくんにずっこけさせられてきたパートメンバーの日替わりランダム日記ですが、このたび上司が狸体形の田貫さんに代わり、装いも新たにガッツンガッツン攻めまくり。

ゆとりしんご…ゆとり世代の社員(26年春退職)
田貫さん…30代後半の社員(26年秋赴任,29年早春退職)
馬場さん…30代パート主婦、主に現場担当(28年春退職)
浅尾さん…50代パート主婦、主に事務担当
大崎さん…40代男性契約社員、27年夏異動してくる
木下くん…30代男性アルバイト、物静かだけど短気

このほかのイレギュラーメンバーも登場。
このブログは9割以上フィクションです。


カテゴリ


最近の記事


最近のコメント


リンク


均等法以前を思い出す映画

10年に1~2本しか見ない映画を見てまいりました。
ドリーム

1961年、ソ連との宇宙にどっちが先に行くか競争の時期の、天才リケジョたちの実話をもとにした話です。

黒人であること、女性であること
の二つの差別に負けない主人公の3人の女性。

キャサリンは子どものころから数学の天才児で、小学校の先生が両親に、
「この子ほどの天才は立派な教育を受けさせたほうがいい」
と、引っ越し費用を先生たちで集めてまで飛び級での進学を勧める冒頭から、もううるっときました。

NASAで働くなかで、彼女は計算の正確さや速さを見込まれてケビンコスナー扮するボス、ハリソンさんのいる重要な部署へ異動しますが、黒人で女性ということで、白人の男性社会に受け入れてもらえません。
「何しに来たの?」という目で見られ、掃除のおばちゃんに間違われる始末。
どうせたいしたことはできないだろうという偏見や、機密事項を漏らされたら大変という疑いなどで、大事なところを黒く塗りつぶした書類を渡され、検算するように、今日中に!と、まるで意地悪されているよう。

そもそも白人しか働けない重要部署なので、その建物には「白人用」という女性トイレしかなく、もよおすたびに何百メートルも離れた「非白人用」というトイレに駆け込む毎日。
それでも時間が惜しいので計算途中の書類を抱えて走ります。
ある日ハリソンさんが、毎日なん十分も席を外す彼女を不審に思い問いただすと、こらえていたものが噴出してしまいます。
近くのトイレに入れないこと、真珠のアクセサリーしか身に着けてはいけないと言われてもそれすら買えない程度の給料しかもらえていないこと、黒人である自分のコーヒーポットを誰も触らないこと…などまくしたてます。
周りの男性たちは後ろめたさ半分、仕方ないだろうという冷ややかさ半分で見ている中、ハリソンさんは合理的な考え方の持ち主だったんですね。
有能な人間なら、人種も性別も関係ないとばかり、トイレの「白人用」の看板をハンマーでたたき壊します。

徐々に重要な計算を任されるようになりますが、宇宙飛行士を宇宙に送って、戻す、その際の減速の位置、角度の計算を実際は彼女が全部やっているのに「補助」でしか扱ってもらえません。
刻一刻と変わる状況を直接会議に出てすぐに計算に起こしたいと訴え、ついに会議室に入れてもらえます。
同僚の男性職員があいまいな答えしか言えない質問に、彼女はささっと明確な回答を黒板に書いて見せます。
その場にいた宇宙飛行士のグレンは、彼女をすぐさま信頼します。

一方、黒人理系女性たちのまとめ役のドロシーは、管理職という肩書もそれなりの給料もないのに、責任だけは押し付けられ、白人女性のボスに訴えてもみますがなかなかとりあってもらえません。
そんな中新しく入ったIBMコンピュータを動かせる人材が白人男性たちにはいなくて、ハリソンさんたち上層部は人材探しをします。
もともと機械いじりが得意なドロシーは図書館に行って「白人用」の棚にしかないプログラミングの本を強引に借りてFORTRANの勉強を始めます。
そして後輩のリケジョたちにも、仕事を奪われたくなかったら勉強しなさい、と一緒にコンピュータを学びます。
彼女たちがIBMを動かして計算させていることに、白人男性たちは驚きます。

もう一人メアリーは、エンジニアとして花形部署に抜擢されユダヤ人男性上司から期待されてはいるものの、上級資格を持っていないとやっぱり働けないことになりそうです。
ですがその資格を取るには、白人専門の学校で学ぶしかありません。
裁判所に訴えて、前例がないという判事に「前例を作ることが後世へ残すあなたの仕事」みたいなずしんと来ることを言って、やっと入学許可を得ます。
仕事のあとの夜学で、白人男性の奇異の視線を身に受けながらやり通し資格を得ます。

3人とも有能な人物だったから成功したわけですが、その陰にはものすごい努力と熱意があったと思うのです。
差別されてもくすぶっていないで、今自分にできる最善を尽くす。
少しでも指が引っ掛かりそうなでっぱりに手が触れたら体をぐいと持ち上げてよじ登る。

そして、人種や性別や努力ではどうにもできないことで人を見ないで、人物を見てくれるほんの一握りの男性。


今の日本では、女性も男性と同じように仕事も給料も役職も得ることができるでしょう。
一応能力が同じならそうしなきゃいけないことになっていますから。

でも、均等法以前は、女性は職場の花。
お茶くみとコピー取りと電話取次。

ブスの私は、花にはなれっこなく、仕事をするしかありませんでした。
来る日も来る日も図面の手直し。当時はパソコン仕事はありません。パソコンがありませんから。
男性社員の書いた図面なので、私のハンコを押す場所はなく、私の存在は図面の上にはありません。
幸いなことに私の所属する技術部は、割と合理的な集団で、地道に誠実に働いているうちに、手が足りなければ私が最初から図面を起こし、リーダーに確認してもらって上司のOKをもらうにあたり、「製図」のマスにハンコをつかせてもらえるようになりました。
社内監査役に、工場見学をしたことがないので、図面に書いている用語の意味が実感できないのは不都合だから見学させてくださいと直訴すると実現しました。
そのうち、顧客との打ち合わせにも行くため名刺を作ってもらい、営業、工場、技術の3者会議にも出席を許され、宿泊出張もさせてもらえるように。
私たち以前は、女性に名刺はなく、宿泊出張どころか、何駅か先の顧客の会社に行って打ち合わせなんていうのもなく、ただひたすら社内で制服を着て男性社員の補助。
「(行くの面倒くさいから)地下の倉庫に書類を取ってきて」
と見え見えの依頼をされる同期もいました。

私は声をあげました。
部内組織表を作るときに私の名前の横にある「補助」という肩書を消してくださいと。
責任をもって仕事をしたいからと。
当時の上司は面白がる人で、消してくれたのです。
自分で言った以上責任をもって仕事しなくては。

地道に働いて、時に声をあげて、待遇がよくなったらそれに伴う責任を果たすべくもっと地道に働いて…
NASAで道を切り開いていった3人のリケジョに比べたら、とりあえず人種差別だけはないし、まったく何にもしてない私ですが、なんとなく昔を思い出しました。
コンピュータのない中、紙とペンと計算機で計算したことも含めて。

そして、今まさに
「仕事を失いたくなかったら勉強する」
そんな状況で働いています。
社員だったら定年まで10年切りました。
でもパートだから社員の定年は適用されません。
そのかわり、切れる人間は若くても切られる。

人類の夢、宇宙への道を切り開くプロジェクトでなくてはならなかった3人の黒人女性たち。
彼女だちの夢、差別のないアメリカへの道は、まだ途中のようですね。
それが残念。日本もですけどね。

それにしても、あいかわらずケビンコスナーはかっこいい。
逆境でも下を向いてぐずぐず悩んで落ち込んでいないで、顔を上げて前を見て未来を見つめて歩かなくちゃ。



スポンサーサイト

そして誰もいなくなった

ファンのみなさ~ん、仲間のみなさ~ん、ご無沙汰しました。
バタバタの7月8月を過ぎ、なんとなく落ち着きを取り戻してきたと思ったら、もう9月も2週目。
リ社の市販誌販促品、TA社、コ社、そのほかコマゴマした荷主の仕事が、埼玉営業所から東京西部の営業所に移管したのが6月末。
7月末には遅れてラ社も行ってしまいました。

もちろん働いている人たちもごっそり移動。
異動と言うべきなのか…

ひっそりとした倉庫。
ミスターKが営業部の副部長に加えて、営業所の所長も兼務することになり、ワタクシ小椋は、5階で悠々と一人で仕事することになりました。
6階にいたぴらっち前所長は別の営業所に異動、浅尾さんは事務所機能を集約するため3階に引っ越しました。
「3階は人が多くてうるさい」
とぼやいてました。
狭い部屋にどやどやと事務員5人とミスターK、出戻りの大崎さんもいるので。

そう、大崎さんはラ社の仕事ともにいったんは西東京営業所に異動したのですが、出戻ってきました。
偉くなって机がひな壇。

ラ社も、リ社もS急便で出荷する業務がどれも引っ越してしまって、残った荷主さんの出荷は、S急便からS運輸に変更になったために、いつもの夕方の集荷がなくなりました。
リ社の大型商品は一部S急便で出すので、昼間の大型ドライバーさんは来てくれるのですが、夕方集荷がないと追加で出荷したいときに電話しなくてはいけないので何かと不便です。

S急便は、毎日同じドライバーが集荷に来ていたので、現場でも事務所でも顔なじみでちょっとした無理もお互い言ったり聞いたりできたのですが、S運輸は、ほぼ毎日違う人がやってきます。
しかも私たち女性が帰った後夕方おそい時間に集荷に来るので、ドライバーと顔を合わせることも少なく顔なじみになるチャンスがないのが残念です。
以前、昼間配達のついでに集荷に来ていたIくんなんて、カープの一岡に似ててかわいい、なんて浅尾さんのお気に入りだったんですけど、彼は夕方は来ないみたい。

S急便のおなじみのドライバーさんとは、その辺で会って立ち話なんてこともするんです。

夕方来ていたゴンちゃん、新しくオープンしたセブンイレブンに残業帰り8時前ごろ寄ったら、ちょうど駐車場から出てくるところに出くわしてしまいました。
「なに~、こんなところで会っちゃったよ」
とお互いびっくり。
会社の近くでならわかるけど、日常の買い物をする近所のスーパーの向かいにできたセブンで会ったので。
「ゴンちゃん来なくなったんで、さびしいよ~」
と少々リップサービスで好感度上げてS急便の状況を探り、値上げしてお客さんが逃げてしまったけど、こんど逆に下げてくれないかな、なんて無理だろうけど。

昨日は、S急便の追加出荷が出たので集荷を依頼したところ、私が帰るころ集荷を終えて出発するところでした。
構内ですれ違う時、運転席のドライバーがこちらに手を振るので「だれ?!」と会釈しながら確認すると、てっちゃんでした。
ガチガチの真面目さんなんだけど愛想はいいので、どう反応すればいいか困るときがあるドライバーなんですよね。
まさか手を振ってくれるとは。

社内の仲間たちも出入りの業者さんも、この2か月でみんないなくなってしまいました。
新しい荷主が入っても、保管するだけの面白みのない仕事ばかり。
営業、がんばってくれよ~。
新しい仕事来たら、西東京に行ったゆきちゃんを戻す約束なので、早く仕事来~い、と願います。



ドナドナ

今週末、今までみんなで育ててきたリ社の市販誌の仕事が西東京営業所に引っ越します。
先月末から一人、今月半ばからほかに5人、研修のために埼玉営業所に来て一緒に作業をしています。

リ社だけじゃなく、ラ社もコ社もほとんどみんな引っ越してしまいます。

ラ社は1、2か月先延ばししての引っ越しになりますが、それゆえ、仕事だけが引っ越して、担当していたメンバーはほとんど残るという状態になってしまいます。


今までお客さんとのやり取りの中で培ってきた信頼関係を、うちの会社の都合で扱う営業所を変更することによって、壊してしまわないか心配です。

新しく担当する人たちの中で、エクセルをハイレベルに使える人がいないので、まずそこから覚えてもらう必要があります。
エクセルどころか、ウインドウズの基本操作も、自分も最近徐々に覚えてきたところだし、大丈夫かな…

上につく社員が、ビジネスメールも未経験という、ヘダラな会社です。
あまりに心配です。

愛情をかけ育てた子牛が荷馬車に乗せられてゆらゆら町へ売られていく、「ドナドナ」が頭の中をぐるぐるしている今日この頃です。
仕事を渡すこっちも、受け取る新しい人たちも、荷主さんも、3方一両損ではなく「全部損」な今回の引っ越しです。

若いころ

若かりし頃、独身の頃、毎日大宮で乗り換えて通勤してました。
1年+1年、計2年ちょっと。
間に10か月ほど日本から逃亡してた期間があったので、そういう計算です。

本日久しぶりに大宮の駅の外を一人ぶらぶら歩きました。
用事があったので行ったついでに。
高島屋の前を通って、氷川神社の参道を覗いた程度ですが。

LUMINEも、ものすごく久しぶりにぶらぶらと。
ひぇー、大宮っておしゃれ!
西の方にはああいうお店の入ったショッピングセンター(っていうの?)皆無だわ。

しかも高~いお洋服たち。
しまむらでさえ、高くて買えないおばちゃんの私。

ああいうお洋服を、若いお姉ちゃんたちがへらへら買うのよ。
バブルなOLだった私も、独身時代に大宮でお買い物すればよかったと、今思います。
給料ほとんど貯金したのに、10か月の放浪生活で使い果たして、ビンボーおばちゃんになるくらいなら。

そんな今日この頃ですが、マダムボンビーの私、ついにスマホにしました。
電話帳、最近は買うとき移してくれないから、自分でポチポチ。
老眼が進みます。

ではごきげんよう。

ブログタイトルを一新

久しぶりのブログ生活、皆様いかがお過ごしですか。
ここ埼玉は、今日 暑い

散歩も今日は怠けてます。
水分取られてシナシナになってしまいそう。

一人の時間を過ごす平和な昼下がり。
ブログを久しぶりに書いてみようと開いてみました。


なんて平和なことを思っていたら、たった今目の前の道路を、ノーヘルバイクの二人乗りとパトカーがカーチェイス。
交通量の少ない時間帯の平和な住宅街を、なんてこと!


それにしても暑い暑い。


さて。
このブログは、登場人物のうち、同僚の、とある一人をモデルに書いているケースと、数人を合体させて書いているケースがあります。
先週末、数人を合体させた登場人物である「川田さん」の中の一人が退職しました。
すでに川田さんの中の一人目は去年の秋に退職しているので、ほぼ解体という人物になってしまいました。

そのかわり、現場に前回登場した藤本さんをはじめとした子供が中学生という若手がたくさん入ってきました。
それまで若いほうから数えて5人くらいに入っていた私も、若手10人には入らないオバのほうに分類されてきました。

そうはいうものの、まだ平均より若いおばちゃんです。

「働くおばさん」から見る倉庫の一日をお届けすることにいたします。
ある時はおじさん、またある時はお兄さん、しかしてその実態は!



ではまた、ごきげんよう。

 | ホーム |  次のページ»»