プロフィール

Author:ゆとりしんご&仲間たち
上司のゆとりしんごくんにずっこけさせられてきたパートメンバーの日替わりランダム日記ですが、このたび上司が狸体形の田貫さんに代わり、装いも新たにガッツンガッツン攻めまくり。

ゆとりしんご…ゆとり世代の社員(26年春退職)
田貫さん…30代後半の社員(26年秋赴任)
馬場さん…30代パート主婦、主に現場担当(28年春退職)
浅尾さん…50代パート主婦、主に事務担当
大崎さん…40代男性契約社員、27年夏異動してくる
木下くん…30代男性アルバイト、物静かだけど短気

このほかのイレギュラーメンバーも登場。
ご覧になっちゃった職場の皆さん、このブログは9割以上フィクションです。
あなたをモデルにしていても実像ではありません。
決して短気は起こさないでくださいね。


カテゴリ


最近の記事


最近のコメント


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナドナ

今週末、今までみんなで育ててきたリ社の市販誌の仕事が西東京営業所に引っ越します。
先月末から一人、今月半ばからほかに5人、研修のために埼玉営業所に来て一緒に作業をしています。

リ社だけじゃなく、ラ社もコ社もほとんどみんな引っ越してしまいます。

ラ社は1、2か月先延ばししての引っ越しになりますが、それゆえ、仕事だけが引っ越して、担当していたメンバーはほとんど残るという状態になってしまいます。


今までお客さんとのやり取りの中で培ってきた信頼関係を、うちの会社の都合で扱う営業所を変更することによって、壊してしまわないか心配です。

新しく担当する人たちの中で、エクセルをハイレベルに使える人がいないので、まずそこから覚えてもらう必要があります。
エクセルどころか、ウインドウズの基本操作も、自分も最近徐々に覚えてきたところだし、大丈夫かな…

上につく社員が、ビジネスメールも未経験という、ヘダラな会社です。
あまりに心配です。

愛情をかけ育てた子牛が荷馬車に乗せられてゆらゆら町へ売られていく、「ドナドナ」が頭の中をぐるぐるしている今日この頃です。
仕事を渡すこっちも、受け取る新しい人たちも、荷主さんも、3方一両損ではなく「全部損」な今回の引っ越しです。

スポンサーサイト

若いころ

若かりし頃、独身の頃、毎日大宮で乗り換えて通勤してました。
1年+1年、計2年ちょっと。
間に10か月ほど日本から逃亡してた期間があったので、そういう計算です。

本日久しぶりに大宮の駅の外を一人ぶらぶら歩きました。
用事があったので行ったついでに。
高島屋の前を通って、氷川神社の参道を覗いた程度ですが。

LUMINEも、ものすごく久しぶりにぶらぶらと。
ひぇー、大宮っておしゃれ!
西の方にはああいうお店の入ったショッピングセンター(っていうの?)皆無だわ。

しかも高~いお洋服たち。
しまむらでさえ、高くて買えないおばちゃんの私。

ああいうお洋服を、若いお姉ちゃんたちがへらへら買うのよ。
バブルなOLだった私も、独身時代に大宮でお買い物すればよかったと、今思います。
給料ほとんど貯金したのに、10か月の放浪生活で使い果たして、ビンボーおばちゃんになるくらいなら。

そんな今日この頃ですが、マダムボンビーの私、ついにスマホにしました。
電話帳、最近は買うとき移してくれないから、自分でポチポチ。
老眼が進みます。

ではごきげんよう。

ブログタイトルを一新

久しぶりのブログ生活、皆様いかがお過ごしですか。
ここ埼玉は、今日 暑い

散歩も今日は怠けてます。
水分取られてシナシナになってしまいそう。

一人の時間を過ごす平和な昼下がり。
ブログを久しぶりに書いてみようと開いてみました。


なんて平和なことを思っていたら、たった今目の前の道路を、ノーヘルバイクの二人乗りとパトカーがカーチェイス。
交通量の少ない時間帯の平和な住宅街を、なんてこと!


それにしても暑い暑い。


さて。
このブログは、登場人物のうち、同僚の、とある一人をモデルに書いているケースと、数人を合体させて書いているケースがあります。
先週末、数人を合体させた登場人物である「川田さん」の中の一人が退職しました。
すでに川田さんの中の一人目は去年の秋に退職しているので、ほぼ解体という人物になってしまいました。

そのかわり、現場に前回登場した藤本さんをはじめとした子供が中学生という若手がたくさん入ってきました。
それまで若いほうから数えて5人くらいに入っていた私も、若手10人には入らないオバのほうに分類されてきました。

そうはいうものの、まだ平均より若いおばちゃんです。

「働くおばさん」から見る倉庫の一日をお届けすることにいたします。
ある時はおじさん、またある時はお兄さん、しかしてその実態は!



ではまた、ごきげんよう。

初めましてのご挨拶

皆さんの職場に年明けくらいからお世話になっています、藤本です。
初めまして。

皆さんに比べるとかなり「若い」と言われてますけど、経験がないので皆さんのフォローがないとまだまだひよっこで。
でもよくしていだいていいるので楽しくお仕事できてます。

元気だけが取り柄なんで、元気なハツラツとした風をこの職場に吹かせたい、なんちゃって。


隣の倉庫で短期のパートで雇ってもらったんですけど、子供の手も離れてきて定期で働きたいなと思っていたらここで声をかけていただいたので、他の同じようなメンバーとともに全部で6人でやってきました。
手が離れたとはいえ、まだ私たち、みな小中学生のこどもがいるので、12時で帰る人、私のように3時で帰る人なんかがいて、あまり役には立ててないです。

子供が発熱だの風邪だのというとお休みもいただくことになるし、悪いなあと。


それでも、先輩たちは
「私たちも子供が小さいときにはそうやってきて、順番なんだから、今短時間しかできなくても休みが多くても、もっと子供が大きくなって働けるようになったら、そのころ新しく入ってきた若いお母さんの分まで働けばいいのよ。」

といってくれて、快く休ませてくれます。

けっこう会社の文句が多い先輩たちですから、会社としてはどうなの?という会社かもしれないけど、先輩たちはとてもいい人たちで働きやすいと思います。

少子化だとか、保育園不足だとか、会社の理解が足りなくて退職に追い込まれる女性たちとか、女性や男性も含めた子持ちで働く人たちを取り巻く環境はあまりよくない日本です。
でも、誰もが通る道だし、子供がいなくなったら未来はないんだし、お互い様っていう気持ちと、申し訳ないです、という気持ちをもって世代間で協力しないとですよね。

今や、20代30代では働いていない女性のほうが少ないです?
働くのは当たり前なのに、子供ができた途端「なんで働いてんの?」って扱いをするのはどうなんですかね。
取引先のリ社では、子育て支援をしている会社という認定を受けていて、早く帰れたり家で働けたりするそうです。
業種や職種によっては無理なこともあるけど、家事育児と仕事が両立できる職場が増えるといいですね。

ここの職場は、会社としてはわかりませんが、先輩たちの理解があるので両立できそうないい雰囲気です。
「順番なんだから」って言われて気持ちが楽になった分、将来自分も先輩になったらそういうふうに若い人を支援してあげたいなと思えます。

未完成の藤本、元気はつらつ頑張ります!よろしくお願いします!

大人の仲間入り

ボク、自転車で通っています。
雨の日も雪の日も。
それほど遠いところから来てるわけじゃないけど、この辺土地のアップダウンが激しくて、かなりきついときもあります。

というわけじゃないんですけど、今度免許取りに行きます。
今までなんでにいかなかったんだろ?
なんだか、ぼやーっと過ごしちゃいました。

大崎さんがこの職場にやってきて、いろいろ話すようになって、積極的に取り組まなくちゃかな~と、ぼやっとですけど思うようになりました。
大崎さんは、犬の散歩も一生懸命、多肉植物育ても一生懸命、車もゲームも、もちろん仕事も。
バイタリティーがすごいんで、なんだか影響されてきてます。

川田さんや浅尾さんなんか、うっとうしがってますけど。

合宿免許にいってきます。
3週間くらい休むので、誰でもすぐにわかるように、毎日遅くまでかかって在庫整理をやっています。
楽しみと不安両方の最近です。


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。