プロフィール

Author:ゆとりしんご&仲間たち
上司のゆとりしんごくんにずっこけさせられてきたパートメンバーの日替わりランダム日記ですが、このたび上司が狸体形の田貫さんに代わり、装いも新たにガッツンガッツン攻めまくり。

ゆとりしんご…ゆとり世代の社員(26年春退職)
田貫さん…30代後半の社員(26年秋赴任,29年早春退職)
馬場さん…30代パート主婦、主に現場担当(28年春退職)
浅尾さん…50代パート主婦、主に事務担当
大崎さん…40代男性契約社員、27年夏異動してくる
木下くん…30代男性アルバイト、物静かだけど短気

このほかのイレギュラーメンバーも登場。
このブログは9割以上フィクションです。


カテゴリ


最近の記事


最近のコメント


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男前な浅尾さんと自覚が足りない田貫さん

田貫さんや浅尾さんの下で現場やってます、木下です。
あまりしゃべらない方なのですが、同じ業務をやってる浅尾さんとは話します。

馬場さんは、ここのパートさんの中では割と若くて、僕より少し上なんですが、
あまり仕事の絡みがないんで、話すことは少ないです。

退職した上原さんとか、別の階で別の荷主さんをやってる寺尾さんとかは、
あまり関わりがないです。

浅尾さんって、みんなのいる朝礼とかでズバッと指摘してくるときがあって、聞いてるこっちがビビります。

木曜、朝礼を仕切る田貫さんに質問。
浅尾「倉庫の引っ越しは、今どのくらいまで進んでますか。」
田貫「え、あ、あー、もう少しで・・・」
あ「いつ終わりますか。」
た(僕の方をちらっと見てきこうとする)
あ(僕を制して田貫さんに)
あ「田貫さんに聞いてます。いつ終わりますか。」
た「明日中には終わらせるつもりです。」
あ「はい。じゃあお願いします。」
ホッとする田貫さん。畳みかける浅尾さん。
あ「R社の今日の業務、どのくらいだか把握してますか。」
た「いえ・・・」
あ「今日はとても多いです。できれば人を入れてもらいたいんですけど、
社員がどの荷主の物量はどのくらいって、毎日把握してないと、
人の配置も片や足りない、片や余るってことになるんじゃないんですか。」
た「は、はい、気を付けます。」
あ「以前の社員さんは朝礼で各荷主さんの物量を連絡してくれたので、
早く終わったらほかのところに応援に行った方がいいのか、
上がりにしていいのか、予測がつきましたけど、田貫さんになってから
田貫さんが直接担当する仕事のことしか言わなくて、
それって逆に私たちには関係ないんですけど、
業務連絡は過不足無くきちんとお願いします。」

畳みかける浅尾さんに、田貫さんだけじゃなく、ほかの人たちも凍り付きました。

僕も僕が叱られてるような気分になって…


でも、浅尾さんは、夕方二人で組んで現場やってるとき、
ああ言った真意を話してくれました。
僕もなんとなくわかったんで、きっとそうだろうと。
田貫さんって、R社とか、MP社とか、
事務のパートさんが窓口をやってる荷主さんの仕事は、
全部任せっきりで、どういう状況か聞きにも来ないことは、
以前からパートさんたちの文句の対象になってたんです。

そこは黙っておれない浅尾さん、パート同士で文句や愚痴言ってたって
何も解決しない、改善されない、そういう男前な人なんで、
直談判、って感じです。

前にも傑作なことが。
経理担当の女性社員がいるんですが、文房具とか備品とか、
必要なものを、言ってもなかなか買ってくれないって、
浅尾さん以外の女性パートさんはみんな文句言ってるんです。
ある日、ドアストッパーの代わりに段ボールを重ねてドアを止めてた浅尾さんに
「ドアストッパー買おうか。」
と女性社員。
すかさず
「そんなもんいいから、文房具とか必需品をすぐ買って。」
少し離れた場所で聞いてたパートさんたちのくすくす笑い。
そしてあとで、
「あさおちゃん、よく言った!」

社内怖いものなしの浅尾さんです。
田貫さんと比べても、どっちが上司か部下か、わからない。
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。